「PC・PC周辺」カテゴリーアーカイブ

備忘録: ARCHISS Maestro2S 設定とか

先日キーボードを更新しました。

ARCHISS Maestro2S

5年以上使っていた青軸のキーボードが、テレワーク(その内死語になるんだろうなぁ)でのビデオ会議時に打鍵音がマイクに入るとの指摘があり、なるべく静かなものをとピンク軸(静音赤軸)でコンパクトな物をと考えました。

これまで使っていたのは、Filcoの青軸・テンキーレス・USタイプですが、iPad(初代)用に Filcoの US67キー・赤軸(Amazonで定価の倍以上になってるけど何があった?)も持っており、さらに同じ Filcoで選ぶのもなぁと言うことでコレ(ARCHISS Maestro2S)と Mistel BAROCCO (どっちもアーキサイト)で迷って、こちらを選択しました。

テンキー付きのキーボードは、昔のPC-8001〜 Gateway2000(輸入モデル)の巨大キーボードあたりまで使ってコンパクトに転じ、その後光るキーボードにひかれて(今ほどゲーミングキーボードが存在しなかった時代)復帰したけど、やっぱりテンキーを使わない事を再認識して、不要派になりました。(8001時代はバイナリコードを入力するのに必須だったのだけど)
ただ FF14をやっていた頃にテンキーがあったら楽だったかもと思う事もあり、今後もネットゲームをする事もあるかも知れないし…コンパクトに配置されてるなら試してもいいかな的に、久々に選択しました。

実際に使ってみると最近は多要素認証が増えており、スマホに表示される数字をテンキーで入力する機会も増え、これはこれでアリかなと思えます。

またビデオ会議での打鍵音について、同僚に確認してもらいましたが、皆無ということでした。これはマイクスピーカー(YAMAHA YVC-200B)もしくは会議アプリのノイズキャンセリング機能との合わせ技かも知れません。

続きを読む 備忘録: ARCHISS Maestro2S 設定とか

ボクらは未来に生きている。そう思ってデバイスに名前をつけてます。

最近の各種デバイスは名称が変更できます。せっかくそーゆー機能があるので、使います。

どこからか探す時にみつけやすくなるという実用的な面もあるでしょうが、意味もなく愛着が増加するという感情面も存在すると考えています。

手順的な名前のつけ方はテキトーにやってればみつかると思うので、文字列的な名前のつけ方について、紹介したいと思うのです。

オススメはテーマやルール的なものを用意し、揃えること。

続きを読む ボクらは未来に生きている。そう思ってデバイスに名前をつけてます。

PDFとかの濁点、半濁点をくっつけてコピーする NFD → NFC 変換 popclip extension

下の画像をクリックすると Download できると思います。

macOS 10.12 Sierra と 10.13 High Sierra で動作確認した版

これは、macOSで PDFの表示などから濁点や半濁点を含む文字列をコピーしてペーストする際に、「コヒ゜ー」のようになってしまうのを、「コピー」としてコピーするための popclip Extensionです。(なのでペーストは ⌘V でもいけます)

なお、編集中のテキストを選択して実行すると、元の文字列を書き換える事ができます。
意図しないでやるとびっくりするので注意してください。(Base64encodeを参考にして作ったらこうなった)

動作は、選択された範囲に対して perlの Unicode::Normalize を使って変換しているだけです。

多分この Extensionは、日本語の文字列で濁点や半濁点がバラけている文字列を選択しない限り有効にならないはずです。

アイコンが表示される箇所は、濁点や半濁点が分かれているとも言えます。
続きを読む PDFとかの濁点、半濁点をくっつけてコピーする NFD → NFC 変換 popclip extension

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード

iPad pro (13インチ)用に購入。
サイズ的にはピッタリ。
本体と一緒にセットで持ち運ぶのにちょうどいい感じです。
残念なのはやはりコントロールキーの位置。というかキャピタルロックの存在。
この2キーを入れ替えられると良かったのですが。
他のPC系OSではそれが可能なのだけれど、iOSではそれが不可。
Windowsタブや、Androidタブの方が合いそうです。
続きを読む ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード