「ガジェット」カテゴリーアーカイブ

M2 Macbook Air 購入後の導入時設定メモ

自分には M1 iPad Pro + Magic keyboardがあるので、Macbook Airは買わないぞ! そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。

一言でいうと日本の経済が不安で、さらに円安になってしまったらもうApple製品を買えないではと。iPad Proなんて自分が買った時から約1.5倍ですよ。下がるかも知れないんだけど、政治家様は何の手も打てて無いわけで、こりゃダメだなと。買える内に買っておいて、もし円高になったらその時後悔しようと。

てなわけで、世の中からすっかり話題が消えた今頃になって M2 MBAを購入しました。おかげで 1週間程度でゲットできました。
構成的には動画を編集しないし FFXIVは macOSのサポートをやめてしまったみたい(皮肉 *)なので GPUは 8コアで。特に持ち歩く予定も無いので(無いのかよ)、現状の mac mini (Intel)や iPad Proと同じくメモリ16GB / ストレージ 1TBとして購入しました。

久々の設定とかで悩んだので、やはりメモはしておかねばなという感じで、適当に記録を残したいと思いまする。(途中放置したこともありますが)

*: 補足
2022/10/24 Ventura公開 → 2022/11/1 未対応のお気持ち表示 → 2022/11/20 いまだ何の情報も無し
こういうのって、OSがアップデートする前にβ版とかで動作確認・対応するものじゃないの? OSのアップデートが公開される前に「上げないで」って特に契約してる利用者(mac/win/psごと別契約になってる)に対して事前周知しておくものではないの?

続きを読む M2 Macbook Air 購入後の導入時設定メモ

MagSafe対応のバッテリに悩んだあげく HWB-10KSを買ってみた

iPhoneを 14方面に更新しました。MagSafeが思ってたよりいい感じだったので、チョーシこいて色々欲しくなってしまいました。
今回はモバイルバッテリー「ハマケンワークスHWB-10KS を購入したので使用感など。

なお、iPhone自体のレビューは特にやんなくていいかなと思ってます。どうせ世間に似たようなこといっぱい書かれてて、埋もれるだけなので。メモに残したいことがあったら書くかも知れません。

結論的には、かなり気に入ってます。
が、「縦置スタンド」(アーム部)が惜しい、惜しすぎる。もうちょい内側についてて、ロック機構があれば。

以下例によってざれ言

続きを読む MagSafe対応のバッテリに悩んだあげく HWB-10KSを買ってみた

HUD-2023 ヘッドアップディスプレイ ワイヤレス が届いたので感想

予約してたのが無事届いたので早速試してみました。使い勝手に関しては、何と言うかあまり変わらない。ほぼ今まで通り。レビューを書く程使い込んだわけでもないので、とりあえず変わった点、改めて気付いたことなど、簡単にまとめたいと思います。

良かった点

  • ワイヤレス接続
    車に乗り込んでから接続していたのが、エンジンをかければ接続されるようになった。
    微妙な違いだが、これまで自分は時々接続を忘れることがあり、走りながらケーブルを接続するわけにもいかないので、停車まで放置することになる。(高速に乗ってから気付くと痛い)
    またある程度時間が経過していると、自動認識のタイムリミットを超えてしまうのか、電源をオフ→オンする必要があった。
  • iPhoneが充電されていく
    これまではHUDからの給電が 5V 0.5Aしか無く、HUDでナビを使えば使うほど iPhoneのバッテリーが減少する傾向にあった。7.5Wのワイヤレス給電にしたところ、バッテリー残量は増えることになった。これは本当に大きいと思ってる。
  • リモコンが使えるってこういうことなのね
    今までは基本的にリモコンを使わずに、iPhoneの操作だけでナビの機能を使っていたが、よく使う項目(自宅に行く 等)を簡単に選べるようになった。
  • リモコンのサイズが同じ
    旧機種を使っている場合なのだが、リモコンのサイズが同じなので、以前の「ラバーバンド」を継続して使える。自分はハンドルに合わせてはみ出した部分をカットしてしまったので、新しいラバーバンドを長いまま残しておける。
    もし車を買い替えてぶっといハンドルになった時も安心だ。(当面予定は無いが)
  • 起動時にまぶしくない
    もともと凝視していたわけで無いので、それほど困っていなかったし、自動で接続されるようになって、起動時に見る機会も減ったと思うので、気持ち程度。
    だけど、こういう細かい修正がされるのはいいことだと思う。
続きを読む HUD-2023 ヘッドアップディスプレイ ワイヤレス が届いたので感想

AirPods pro2 これなら常用できそう感

ちょっと嬉しかったので、めずらしくファーストインプレッション。
(「エイジングの影響は大きくなさそうだしいいかな」感と共に、レビューと言う程でもなく、初代AirPods proと簡単に比較しました)

まとめ

  • 初代よりちゃんと低音が出てる
  • Complyのイヤホンチップは初代用が使えてる
  • iPadOS15.7でも使えてる (多分一部機能が使えないとか?)
  • ボリュームは便利
  • あとは同じに感じる

なので初代を使ってるならバッテリ寿命を考えて交換な気分で買い替えてもいいんじゃないかな? (高いけど)

以下駄文

続きを読む AirPods pro2 これなら常用できそう感

AirPods proが充電できなくなった時にやったこと

突然思い出したので。最近第2世代が発表されましたが、まだ初代が元気なので自分は続投します。これは発売日に注文したヤツなので多分初期ロットだと思われます。
(↑とか書いてたのに、第2世代を注文してしまいました 2022/09/09追記)

さてその初期ロット AirPods proが Lightning端子から突然充電できなくなった時の対処で、うまく行った例を紹介します。

結論: Qiの充電器に乗せる

続きを読む AirPods proが充電できなくなった時にやったこと

SwiftUIでアプリの外観モードを変更する

昨日書いた通り、最近 SwiftUIで遊んでます。Viewから呼び出される小さいViewを用意するのが楽そうです。

で、自分のアプリの外観モードをシステムに合わせたり、ダークにしたり、設定機能を用意して変更可能にするには…? という感じで色々調べてたどり着いた結果を残します。

結論的には、.preferredColorScheme を使うのが良さそうです。

続きを読む SwiftUIでアプリの外観モードを変更する

備忘録: SwiftUI の Text() で、変数を Markdown表示する

最近 SwiftUIをいじって遊んでます。ちょっとハマったのでメモ。

変数を Textに入れると、Markdown表示されません。

let str = "**太字**とか*italic*とか~~取消し線~~とか"
Text(str)

Markdown表示したい時は、公式を見るとこんな感じ。

let str = "**太字**とか*italic*とか~~取消し線~~とか"
let mstr = try! AttributedString(markdown: str)
Text(mstr)

もっと楽な書き方もありました。

let str = "**太字**とか*italic*とか~~取消し線~~とか"
Text(.init(str))

ほとんど変数から表示してたので、Markdownに対応しているなんて気付かなかった…。

XcodeでiOSとかのシミュレータが動かなくなった時にやったこと

ざっと調べてたら、それっぽいディレクトリにキャッシュがあったので、試しに消したら動きました。

具体的にはターミナルを開いて、

$ rm -rf ~/Library/Developer/CoreSimulator/Caches/*

これだけでした。

状況としては、Xcodeから▶を押してもシミュレータが起動せず。直接シミュレータを指定して、起動しようとしても、エラーが出てました。

■ 2022/09/01 追記

シミュレータが一つも見えなくなっていた時にも有効でした。

Xcodeで「Ctrl+Space」でかな漢字変換ができなかったのでやったこと

前提として、かな漢字変換を Ctrl+Space に割り当てている人限定です。確かUS配列でのデフォルトは Cmd+Space のはずなので、多くの人は何もしないでいい気がします。
メニューバーの Xcode → Preferences… (⌘,) > Key Bindngs > 検索「space」で出てきた ^Space を全て ⌘Space (Cmd + Space)に(他とかぶらなければ何でもいいけど)変更。※ 実際には 2箇所

Preferences… の選択
“space”で検索
Cmd+Spaceに置換え
続きを読む Xcodeで「Ctrl+Space」でかな漢字変換ができなかったのでやったこと

備忘録: ChromeOSのVSCodeでMozcが使えなくなった時にやったこと

$ sudo vi /etc/environment.d/fcitx.conf して以下を記入。(:w で保存終了)

GTK_IM_MODULE=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx
XMODIFIERS=@im=fcitx

何か設定をおかしくしたのかと思って、Linux環境を再構築してしまったぜ…。
(そして再構築してもうまく行かなくて情報を探したら見つかった)

参考: ChromeOS Linux開発環境でbullseyeに上げたら一部アプリケーションで日本語入力が使えない
ありがとう、ありがとう!