キーボード操作でPopclipをポップアップさせる、Alfredのワークフローを作る

Popclipを便利に使っているのですが、時間が経ってメニューが消えてしまったり、他のウィンドウから戻った時に、再度テキストを選択するのも面倒だったりします。
そのため、公式サイトの説明を見て、PopClipをキー操作で表示する AppleScriptを用意し、ショートカットキーに割り当てて使っていたのですが、どうにも遅い。
何とかならないかなーと調べてやり方を紹介されているサイトを見つけました。
そこで、Make PopClip Appear という Alfredの Workflowが配布されていると言うことで、ページ内で紹介されている URLにアクセスしてみましたが、残念ながらError (404)でした。

無いならば作ってみよう!
というわけで、作った結果がこちら

【使い方】

Alfredが入っている状態であれば、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、Import画面になると思いいます。

ここで [Import] ボタンをクリック
インポートされたら、Hotkey と書かれている(赤矢印で示した)箱をダブルクリック
Hotkey(ショートカットキー)の設定ができます。
指定したいショートカットキーを入力すると、Hotkey エリアに設定値が表示されます。
参考にしたサイトでは、Shiftキーの2連打だったので、私もそれにしました。
問題無ければ、[Save] をクリックして保存ます。
うまく設定できていれば、このような画面になっているはずです。

これで、Shiftキーのダブルタップで PopClipのポップアップが表示されるようになります。

※ 作り方は次のページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください