FILCO(ダイヤテック) FFBT67MRL/EB

iPad pro (でかい方) の入力用に、FILCO(ダイヤテック)のBluetoothキーボードを購入しました。

FFBT67MRLEB_01

Majestouch MINILA Air US67キー 赤軸

スマホ・タブレットの入力用として、過去にも色々とBluetoothのキーボードを購入し、試してきました。
iPhone用に購入した、REUDO RBK-2100BTJ、に REUDO RBK-2000BTII。
初代iPadのケース一体型のもの、Windowsタブレット用に購入した UNIQ rapoo E6300。
iPad mini用に購入した、本体のフタとしても使える ロジクール iK0760SG。

購入した数だけ後悔がありました。

結局、使えないんです。
キーボードを開いて、電源入れて、使うまでに何か時間がかかったり。
使おうと思った時にはバッテリーが切れていたり。
そして、大半の機種はチャタリングが発生しました。
これはすごいストレスでした。
さらに、ロジクールのキーボードは、コントロールキーが無かったため、iOSの仕様変更で かな漢字変換ができなくなりました。

そもそもキーボードを持ち運んでるものの、そのキーボードが使いづらくてタッチタイピングができない。
どうしてキーボードが使いたいかっていうと、入力に集中したいからです。
もうだったら、ちゃんとしたキーボードの方がいいんじゃない? ネタにもなるし!

そう思って、ふつーのキーボードを探してみました。
条件は、持ち運びがメインなので、コンパクトサイズ。
そしてUS配置。
コントロールキーはAの左側。
さすが Filcoですね。
いっぱいありました。
その中でも打鍵音が静かだという赤軸を選びました。

結果としてはこれが大成功。
iPad proにマッチする重厚感。

バッテリは出かける前にエネループを入替えるだけ。
電源を入れてリターンキーを叩けば、すぐに使える感じでした。

しかし…ここから先は iOSとiPhoneAppの問題。
ふつー Emacs系エディタを使ったり、bash系I/Fや MacOS Xを使用していると、カーソル移動は Emacsライクの操作が身にしみているわけですが。
メモ帳系やEvernoteなどでもほぼ全てなのだけれど、^Fや^Bは普通に使えます。
しかし、^Pや^Nなどの上下方向の移動が全くダメ。
これって iOSの仕様なんですかね。
あと、全角スペース。
今のところコレが入れられる Appは、iライターズ系ぐらいしかみつかっていません。(このアプリも全角スペースボタンで入力する)

なんとかなるといいのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください