Windows10への更新について思う事

Microsoftの強引なやり方が色々と話題になりすぎてますね。
そのやり方は私は嫌いです。
ですが、Window10自体は悪くないモンだと思ってます。

私の Windows環境は、自作PC, VM, Winタブなのですが、全て Win8からのアップデートでした。
また会社では Win7を使っているので、Win10との比較ができ、感想としては「悪くない、むしろいい部分もある」と思っています。

だけど Win7から Win10にアップグレードするのは、実際のところあまりお勧めできないかな。
なぜかと言うと、動かなくなるソフトがあるからです。
でも、今のうちにアップグレードしちゃってもいいんじゃない? とも思うのです。

というとは、アプリケーションは一生使えるようなモンじゃ無いと思っているからです。
Win7から Win10にアップグレードして動かなくなるソフトは多々あるでしょう。
でもアプリケーションなんて、どうせそのうち使えなくなります。
その時期が遅いか早いかの違いしかないだろうと。

例えば、私が使っている Corel Videostudioは、Windows7でも Winodws Updateで使えなくなりました

ですので、アプリケーションも PCも、消耗品だと思うしかないですね。
という事は、OSを早目にアップデートしておいても大差無いわけです。
だったら早めに(アップグレードが無料の内に)更新しておいた方が、後々楽なんじゃないかなーと思うのです。

どうしても使いたいソフトがあって Win10で動かない事がわかっている場合は、アップグレードはしないで、PCを新しく用意するのが良いでしょうね。

また Win10のアップデートのお知らせをウザいと思うのならば、アップデートを無効化するのがいいでしょう。
私はやった事無いですし、企業向けと書かれているのですが、世の中には個人事業主も居るから多分使える手段だと思います。

それにしても、強引に Win10にアップデートさせて、使えなくなるソフトが出てしまったら(もう弊害は出てますが)、Microsoftはどう責任を取るつもりなんでしょうか。

確かに Microsoftが企業として、コスト削減と売り上げ向上を狙う意味で、早いこと Win10に上げさせたいというのもわからんでも無いですが、やり過ぎですよね。
推測ですが、コスト削減の対象はサポート費用とか、維持管理の費用でしょうね。
んで売り上げは主に Azureを想定しているのでしょう。
しばらくはクラウドの時代だと思われるので、いつまでも Win7を使い続けて時代遅れになるのは、お勧めできないとは思いながらも、Microsoftは要らんおせっかいをしているなぁとも思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください